オリックスカーリースのメリットとデメリット

ORIXカーリースのメリットデメリット
オリックスカーリースの利用を検討している方に、オリックスカーリースのメリットやデメリットについてご紹介します。

 

ORIXカーリースは、リース会社としては業界ナンバーワンのオリックス自動車株式会社が運営するカーリース会社です。

 

オリックス自動車では、個人向けカーリースと、法人・個人事業主向けカーリースを展開しています。

 

手続きもコスト削減のためWebとメールのオンライン手続きだけで、申し込みから納車手続きまでできるようになっています。

 

オリックスカーリースのデメリット

ORIXカーリースのメリットデメリット
そんなナンバーワンのオリックスカーリースのデメリットとは一体どんなことでしょうか。

 

オリックスカーリースでは、タイヤやバッテリーなど消耗費の交換はメンテナンスに含まれません。

 

消耗品の交換は、ディーラーやカー用品店舗で購入、交換することになります。

 

また、車検無料クーポンやオイル交換無料クーポンを使えるのは指定の工場のみです。

 

メンテナンスについては、事前に指定された整備工場でのみでしか受けることができません。

 

全国のオリックス自動車が提携している工場の中から、ユーザーの住所に最も近い工場が選ばれる規定となっています。

 

しかし、地域によっては近所に指定の工場がなく、数キロ離れた工場になることもあります。

 

メンテナンスについて、トヨタやホンダなど正規の自動車ディーラー店舗で受けたい場合は、オリックス自動車提携の「定額カルモくん」もおすすめです。

 

オリックスカーリースのメリット

ORIXカーリースのメリットデメリット
では、オリックスカーリースのメリットはどうでしょうか。

 

オリックスカーリースの最大のメリットは、契約終了時にそのまま車がもらえることです。

 

また、「いまのりナイン」は契約から7年経過、「いまのりセブン」は契約から5年経過することにより、解約金なしで「乗り換え」か「返却」かを選ぶことができます。

 

いまのりセブンでは7年後、いまのりナインでは9年後に、車検を無料で受けて車をもらうことができます。

 

ただし、5年契約の「いまのりくん」では、車をもらうことはできません。

 

ですが、2年経過後は解約金なしで「乗り換え」か「返却」を選択することができます。

 

 

オリックスカーリースでは、中古車リースもやっています。

 

中古車リースは、最短2年〜最長9年から契約期間を選択することができ、契約終了後はそのまま車をもらうことができます。

 

 

さらに、オリックスカーリースのメリットとして、無料で「車検」と「オイル交換」をしてくれます。

 

通常のマイカーリース契約では、メンテナンスは「オプション」として加算されます。

 

しかし、オリックスカーリ―スは、クーポンをもらえ、「契約期間中の車検が無料」や、「半年ごとのエンジンオイル・1年ごとのオイルエレメントが無料」となります。

 

無料となるサービス内容としては、基本点検整備費用と、エンジンオイル・オイルエレメント交換、タイヤローテーション、バッテリー液・ウォッシャー液補充、ブレーキオイル交換、ロングライフクーラント交換があります。

 

 

あなたが負担するものとしては、タイヤ交換、バッテリー交換などがあります。

 

さらに、オリックスレンタカーを特別料金で使える「得乗レンタ」も特典がつきます。

 

 

オリックスカーリースでは、クレジットカード払いもできます。

 

クレジットカード払いができるのは、キントとオリックスカーリースぐらいです。

 

月額リース料金は、他のリース会社は口座振替しか選択できないところがほとんどです。
しかし、オリックスカーリ―スでは「クレジットカードでの支払い」も選ぶことができます。

 

カーリース会社選びに迷った場合はどうしたら良い?

車は購入とリースどっちがお得では、全部で13のカーリース会社の審査や特徴を徹底的に行い、どのカーリース会社がどれぐらいお得かというコストパフォーマンスや審査など、多角的な視点からおすすめ度をつけています。

 

カーリース会社選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

 

 

 

 

オリックスカーリースのメリットとデメリットまとめ

いかがでしょうか。
オリックスカーリースは、将来はやっぱり車を自分のものにしたい方におすすめです。

 

リース料の見積りは以下公式サイトからどうぞ。

 

オリックスカーリースはこちら

 

 

このページの先頭へ戻る