NORELのメリットとデメリット

NORELのメリットとデメリット

NORELの利用を検討している方に、NORELのメリットやデメリットについてご紹介します。

 

「NOREL」は、IDOM子会社IDOM CaaS Technologyと三菱UFJオートリース株式会社が共同で運営しているカーリース会社です。

 

新車リースは、コスパNOREL、中古車リースはNORELと言います。

 

ここでは、同じサービス会社なのでNORELで説明させていただきます。

 

新車リース契約期間は5年・7年・9年の3パターンで、月額定額のカーリースになります。

 

NORELのデメリット

そんなNORELの新車リースデメリットとは一体どんなことでしょうか。

 

契約終了後の車がもらえるプランもありません。

 

NORELでリース契約終了時は、「新車に乗り換える」「返却」「再リース」「買い取り」のどれかを選択することになります。

 

車を買い取る場合は、残価のほかに未経過期間の自動車税相当額や、預託済リサイクル料金、他事務手数料などの費用を一括で支払うことになります。

 

さらに契約終了時に、下取り査定額が残価を下回った場合、清算リスクが発生します。

 

車にキズや凹みを残したり、累積走行距離が超過した場合、違約金を支払わなければなりません。

 

NORELは、「オープンエンド(残価精算付き契約)」になるため、月額リース料金を抑えることができるんですが、その分残価清算リスクがデメリットになります。

 

NORELのは、オープンエンド契約のため走行距離にも上限があり、乗り放題オプションもありません。

 

 

また、NORELのメンテなしプランには注意が必要です。

 

メンテなしプランは、リース料金に車両本体価格やオプション代、環境性能割・自賠責保険料の初回・重量税の初回と毎年の自動車税は含まれますが、リース期間中の車検時の重量税、自賠責保険料は含まれません。

 

他社カーリース会社では、契約期間中の重量税・自賠責保険料も込みになっているため契約時にしっかり確認する必要があります。

 

継続車検時の重量税や自賠責も込みの場合は、ベーシックプラン(メンテナンスあり)で契約する必要があります。

 

 

NORELのメリット

では、NORELの新車リースメリットはどんなことがあるのでしょうか。

 

NORELは他社カーリース会社と比べると、契約条件の選択肢が多くあります。

 

NORELのリースは、走行距離や契約期間などカスタマイズ性が高くなります。

 

リースの契約期間は5年・7年・9年と、月間走行距離の上限が、500km/1,000km/1,500kmから選択できます。

 

他社カーリース会社は、月間走行距離制限は1000、1500kmなどで固定されることが多いので自分で選べるはメリットと言えます。

 

月間走行距離は短い方がリース料は安くなりますので、自分の使い勝手に合わせてチョイスできます。

 

また、NORELのリースはメンテナンスプランでの契約がメリットが高くなります。

 

メンテナンスプラン(ベーシックプラン)には、
車検、法定点検、エンジンオイル、オイルエレメント交換、ワイパーゴム交換、その他消耗品交換、ロードサービス(JAF)、自賠責保険、重量税、自動車税の料金が含まれます。

 

指定のメンテナンス工場で、車検・点検や、消耗品の交換などのサービスを受けることができるので、諸経費を気にせず利用できます。

 

また、NORELでは、短期利用者向けの中古車・登録済み未使用車リースもあります。

 

料金は月額65,780円からで、最短90日間の利用でほかの車に乗り換えられるます。

 

2年割プランは月額43,780円からとなります。

 

さらに、月単位で車に乗ることのできる「マイカートライアル」というサービスも活用できます。

 

 

カーリース会社選びに迷った場合はどうしたら良い?

車は購入とリースどっちがお得では、全部で13のカーリース会社の審査や特徴を徹底的に行い、どのカーリース会社がどれぐらいお得かというコストパフォーマンスや審査など、多角的な視点からおすすめ度をつけています。

 

カーリース会社選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

 

 

 

 

NORELのメリットとデメリットまとめ

NORELは、車にかかる費用を込々にしたメンテナンスプランで、近くに提携店舗がある人におすすめなカーリース会社です。

 

このページの先頭へ戻る