ホンダマンスリーオーナーのメリットとデメリット

ホンダマンスリーオーナーの利用を検討している方に、ホンダマンスリーオーナーのメリットやデメリットについてご紹介します。

 

ホンダマンスリーオーナーは、ホンダの車に月々定額で乗ることのできるカーリースサービスです。

 

最短で、1ヶ月。

 

最長だと11ヶ月。

 

ホンダの中古車を月額定額でリースできる短期間のカーリースサービスです。

 

どちらかと言えば、割安な長期レンタカーと言えます。

 

他社カーリース会社とは違って契約期間が短く乗り換えや解約のリスクが少なくなります。

 

審査で会員登録をすれば利用できます。

 

中途解約による違約金や追加請求が発生リスクがないのが大きな特徴です。

 

 

ホンダマンスリーオーナーのデメリット

そんなホンダマンスリーオーナーのデメリットとは一体どんなことでしょうか。

 

ホンダマンスリーオーナーの車両予約はWebでできます。

 

しかし、車の引き取りに店舗まで行く必要があります。

 

契約店舗は、まだまだ少なくこれからのサービスになります。

 

そして、ホンダマンスリーオーナーには、走行距離の上限があります。

 

上限をオーバーすると追加料金が発生するリスクがあります。

 

ホンダマンスリーオーナーの契約は、利用月数×1,000kmまでです。

 

この制限を超えた場合、1kmあたり6円の追加料金が発生します

 

また、契約の流れとは、仮予約の後、車が貸渡可能かどうかの確認が入ります。

 

本予約の申し込み後は、最大100%のキャンセル料金が発生するリスクもありますので気をつけてください。

 

ホンダマンスリーオーナーは、契約終了後に原状回復の原則があります。

 

そのため、車に穴を開けるパーツの取り付けや、違法に改造することはできません。

 

 

ホンダマンスリーオーナーのメリット

では、ホンダマンスリーオーナーにはどんなメリットがあるのでしょうか。

 

ホンダマンスリーオーナーのメリットは、1カ月単位で契約できることです。

 

ホンダの中古車に最安値29,800円から乗れます。

 

ホンダマンスリーオーナーは、1ヵ月単位で1ヵ月以上最長11ヵ月間、毎月定額で車を利用できるサービス。

 

だから、契約の途中で車が不要になった場合は、会員マイページから返却希望日を指定するだけで契約終了することができます。

 

他社カーリース会社では、契約途中の解約には違約金が発生しますが、ホンダマンスリーオーナーは気軽に車を利用できるサービスと言えます。

 

ホンダマンスリーオーナーのメリットは、他社カーリース会社同様に月額定額利用料金に諸費用が含まれることです。

 

マイカーローンによる購入だと、別途諸費用がかかりますが、ホンダマンスリーオーナーのメリットは、頭金0円、諸費費用もかからず車を利用できることです。

 

もちろん、レンタカーとは違いますので、車検証上の使用者名義をユーザー名で登録するため、「わ」ナンバーにはなりません。

 

ホンダマンスリーオーナーの最大のメリットは、審査不要で、必要書類を用意すれば車に乗れること。

 

ホンダマンスリーオーナーは、他社カーリース会社同様の審査はありません。

 

運転免許証を提示し、所定の書類を揃えるだけで会員登録できます。

 

必要書類は、住民票、車庫証明に関連する書類、委任状です。

 

ホンダマンスリーオーナーは、税金や自賠責保険料だけでなく任意保険も含まれています。

 

そのため、月額利用料金以外はガソリン代だけでOK。

 

 

カーリース会社選びに迷った場合はどうしたら良い?

車は購入とリースどっちがお得では、全部で13のカーリース会社の審査や特徴を徹底的に行い、どのカーリース会社がどれぐらいお得かというコストパフォーマンスや審査など、多角的な視点からおすすめ度をつけています。

 

カーリース会社選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

 

 

 

 

ホンダマンスリーオーナーのメリットとデメリットまとめ

ホンダマンスリーオーナーは、手軽に車の利用ができる便利なサービスです。
しかし、取り扱い店が少ないので近くに店舗のある方にはおすすめなサービスと言えます。

 

このページの先頭へ戻る